画像:東京教育学院ボールペン習字 ロゴ
画像:東京教育学院ボールペン習字
画像:文字は真心で書いて心と礼を伝えましょう
 人間同士が、意思を伝えあった始めは、身振り・手振りの身体言語で、それがやがて言葉(話し言葉)に発達し、さらに音声を文字と符号によって表記する文字(書き言葉)が生まれました。それは今から三千五百年前の中国に漢字として発生し、この文字の出現で、人類・民族の文化は著しく発展をしました。
 日本には、四世紀に百済王より論語十巻と、漢字は美しく書くものとしての手習いの書(千字文)が王仁によって献上されて伝来し、その後漢字の音や訓をかりて国語表記に用い、万葉仮名として使用し更に平安時代になると、日本独自の仮名文字を生んで、漢字と仮名での表意表音による日本語表記の文字が完成したのです。その後、漢字・ひらがな・カタカナの三つの文字を持つ日本独自の文化を発展させて、「書は人なり」といってより美しい文字を書くことに努めてきました。そのため字を美しく書くということが教養となりました。そして筆跡をもって人柄や性格・品性をもおしはかってきたのです。
 しかし今日の情報化時代、人間の「心」を伝える文字が、スマートフォン・パソコン当の使用で失われようとしています。情報機器はその機能的な便利性は大いに活用すべきですが、それは人間が口で話す「話し言葉」、手でかく「書き言葉」とは全く別種のものです。それを機器があるから手書きの文字は、下手でもわかればよい、読めればよいなどと思い違いをしたり、自分自身の向上心を放棄して、文字をひどい下手な字のまま美しく書こうとすることへの努力を怠る人が増えていることはまことに悲しいことです。
 日本の美しい手書きの文字(書き言葉)は、他の国にはない心と礼を伝える貴い日本の伝統文化です。
 心を、礼を伝えなければならないものを、手書きで書くことを怠り、インターネットメールや携帯メールなどで片付けて済ます日本人になっては困ります。人間にとって最も大事なものは、心と礼とそして品性です。
 ぜひ、心ある美しい字を書く人になってください。美しい良い字であればある程、書き手の教養・人格・品性が高いということがいえます。
 今こそ一人一人が自分の書く文字を大切にして、生涯を通じて『手習い』を忘れることなく、真心で美しい文字を書いて、心と礼を伝えたいものです。
 本、東京教育学院は日本で最も永い歴史と伝統の綜合通信教育で、創立86周年を迎えました。又、『ボールペン習字』講座は、日本で最初に本学院が開講し指導を開始しました。この指導も50周年を迎えました。
 これからも、強力に指導を行ってゆきます。今、ネット時代であるからこそ、人間自身が発する「書き言葉」の文字を、より多くの人たちが美しく書けるようになることを心から願っています。
画像:東京教育学院ボールペン習字、資料請求
画像:日本で最初に東京教育学院がボールペン習字を開講指導
画像:ボールペン習字のすすめ
画像:手書きの文字は今のあなた自身を現しています
画像:美しい字はあなたの財産です
画像:日本で一番美しい文字と評判のお手本
画像:ボールペン習字は楽しい
画像:東京教育学院TOPページ
画像:東京教育学院ボールペン習字TOPページ
画像:東京教育学院ボールペン習字、TKGニュース