ペン字・ボールペン習字の東京教育学院 書法院


ペン字 の東京教育学院
〒113-8520東京都文京区本郷5-24-6
TEL 03-5803-9101(代)
FAX 03-5684-9051
ペン習字」・「ボールペン習字」           140余万人の修了生   歴史と伝統と貢献

ペン字トップ 1日15分のペン習字 情報化と手書き ペン字の手本 ペン字の指導
修了証書・免許状他 入会金・会費 直接入会申込 入会規則案内書 TKGニュース
東京教育学院トップ 高校講座 高卒ゼミ 中学講座 書法院 『書心』


 ペン字』受講会員の声
個人情報保護法により氏名はイニシャルにしています


 ペン習字で知った字を書く楽しさ (埼玉県 U.M さん)

  定年を間近にひかえ,何か趣味を身につけておこうと思い,いろいろ考えた結果,「ペン習字」を選びました。手習いを始めて気がついたことは,練習しているときには時間を忘れるほど集中でき,心の安らぎと充実感が感じられることです。お手本も指導方法も素晴らしく,字を書くことがいかに楽しいかを知りました。入会記念に般若心経の写経お手本をいただいたので,心をこめて臨書ができたこともうれしいことでした。長年あくせく働くばかりで自分を省みる暇もなかったので,これからは手習いをしながら思索のひとときを過ごしたいと考えています。



 社会へ出る前にペン習字で美しい字を (福井県 A.N さん)

  お手本を開いてみて,あらためて私の字の「クセ字」「悪筆」を思い知らされました。以前から字を習いたいと思いながらなかなか決心がつかずようやく願書を出したのです。お手本の素晴らしい文字を見て「私もこのような字を書きたい」と思いました。パソコンは友達もみんなできますが,手書きの字のきれいな人はあまりいません。もうすぐ私も社会に出るので,きれいな字を身につけておくことは仕事をするうえで自信になり,きっと役に立つと感じたのです。最後まであせらずがんばるつもりです。



 下手な字は試験でソンをします (愛知県 K.S さん)

  試験の答案など乱暴に書かれていると読むのさえイヤになるので,下手な字は損をする,と国語の先生が話されたとき,私は自分のことを言われたようにハッとしました。私も自己流のクセ字を書いていたので試験で失敗したことがあったからです。私は先生の言葉に刺激されて,「ペン習字」に入会しました。はじめに「スピード上達練習法」で文字の組み立てや基本の型を学ぶのでコツがわかりやすく,とても気に入りました。最近,先生が「君は努力型だね。字を見ればわかるよ」とほめてくださったとき,私は本当にペン習字を始めていてよかったと思いました。



 ペン習字のおかげで,セールスも好調。(広島県 Y.T さん)

  僕はセールスの仕事をしています。セールスだから字はあまり関係ないと思っていたのです。ところが大違いでした。お客様への見積もり,業務報告,紹介の依頼状などはパソコンで処理するのですが,お得意様の名前は手で書くのです。
  ある日上司から「君の営業成績が悪いのは字が下手なためじゃないのか。こんな字では信頼してもらえないよ」といわれ,意地でもという気持ちでペン習字を始めました。最初は上司を恨んだのですが,今の自分の変身した字を見て,忠告してくれた上司にお礼をいいたい気持ちになっています。おかげでセールスも好調です。



 ペン字を通して感性を磨きたい (東京都 Y.T さん)

  美しい文字を書きたいとの一心から,本教材による手習いを決意しました。書かれた文字から,その人柄が推し量れるとよく言われるとおり,手書き文字はその人物,書き手の心をも写し出すものと思う。バランスのとれた書体を心がけることによって,我が身をも正し,美的感覚を磨いていきたい。現役を離れた身ゆえ,ゆったりとした時の流れの中で,あわてず急がず一歩一歩の道のりを確実に身につけていきたいと思っています。



 個人教授のように親身なペン字の指導 (大阪府 M.M さん)

  結婚式に招待されて,出席者名簿にサインを要求されたとき,私はペンを持つ手が思わず震えたことを今でもはっきり覚えています。自分の字にコンプレックスをもち,名前を書くのさえ自信がなかった私は赤面する思いでいっぱいでした。こういうときはいつも,なぜもっと早く字を習っていなかったのかしらと後悔してしまいます。このときがきっかけで思い切って「ペン習字」に入会したのですが,今では人前で字が書きたくて仕方がないほど上達しました。これも「個人教授」と呼ぶのにぴったりのきめ細やかな添削指導のおかげです。コンプレックスが消えると,いろんなことに積極的になれるものですね。



 ペン習字子供の手本になる字を (栃木県 T.Y さん)

  私は字がヘタなので,何をするにしても小さくなっていました。手紙をいただいても,返事を書けないのがなさけないほど,小学校四年生の子どもが,私の字と同じようなのには驚きました。一年生の子どもまで私の字に似てきては大変と思いペン習字を始めました。思った以上にすばらしいお手本にびっくり。私が練習していると,子どもたちもそばで教科書を広げ真剣な顔をして学習します。つくづく親は子どものお手本にならなければいけないと思いました。この時間は,親子の心が通い合う大切なひとときになりました。



 ペン習字で字がきれいになり自信がついた(長野県 A.K さん)

  高校生の頃,私はノートを人に見られるのも,レポートを先生に読まれるのもイヤでした。それはひどい悪筆だからです。でも就職のことを考えるとこのままにしておけず,ペン習字を始めたのです。美しいお手本文字をながめ,毎日20分ずつ練習し先生の指導を受けているうちに,自分の字がどんどん変っていきました。おかげできれいな履歴書を書くことができて自信もついて,第一志望の会社に入社することができました。思い切ってこの講座で習って,本当によかったです。

ペン習字


 ペン習字で自分を見つめ直したい (兵庫県 K.T さん)

  最近の自分の字は,ムラがあるような,安定感がないような感じがして,手習いをすることで,いま一度現在の字を見つめ直し「自分の字」を持ちたいと思い入会しました。これから日常生活の中に,少しずつでも時間を持って手習いし先生のご指導を受けることで,変なクセが抜けた私の字を身につけたいです。代わりに書いてもらえるかな?と頼まれた時でも,快く引き受けられるような自信も一緒に身につけられるようがんばります。



 仕事のためにペン習字を始めました(千葉県 A.Y さん)

ペン習字

  私はパソコンを販売する会社に勤めているOLです。したがって会議の資料作りなど,パソコンを打つのはお手のものと言っていいかも知れません。
  ある時上司からパソコンの購買をすすめるDMの宛名書きを頼まれました。パソコンの販売会社だから宛名もパソコンで打つのが常識だと思いましたが,上司は「パソコンの文字では目立たない」というのです。これにはびっくりしました。
  早速ペン習字に入会,送られてきたお手本の字の美しさに感激。手習いを続けるうちに,やはり手書きの文字とパソコンの文字では人に与える印象がまったく違うのだということを実感しました。



 ペン習字は私の日課。楽しく続けています。(愛知県 K.Y さん)

  子供も育ち,趣味としてペン習字を始めました。美しいお手本を毎日広げ,心を込めて字を一字一字手習いするときが私の一番充実した時間です。日々上達していくさまが手にとるように分かり,それがまた,私の励みになっています。
  年賀状からはじまって寒中見舞いや桜の花便り,暑中見舞いなど四季折々に感じたことをペン習字で身につけた字で,心をこめて一生懸命書いています。美しい字の便りをありがとうという返事が方々から届き「ペン習字をしてよかった」と満足しています。



ペン字トップ 1日15分のペン習字 情報化と手書き ペン字の手本 ペン字の指導
修了証書・免許状他 入会金・会費 直接入会申込 入会規則案内書 TKGニュース
東京教育学院トップ 高校講座 高卒ゼミ 中学講座 書法院 『書心』



本ページトップへ戻る  ペン習字東京教育学院
トップへ戻る
 
ペン習字 ペン習字
 PageTop▲

ペン字・ボールペン習字の東京教育学院 電話:03-5803-9101 メールアドレス:jcs@hs-tkg.co.jp

ペン習字